1. HOME
  2. マーケティング
  3. マーケティングコミュニケーションとは

マーケティングコミュニケーションとは

「マーケティング」という言葉は、いまや日本のビジネス界に完全に浸透しています。
その手法がより深掘りされ、新たな手法も開発される中で、「マーケティングコミュニケーション」という言葉が近年、よく使われるようになりました。

本記事ではマーケティングコミュニケーションの概要を解説。
その中でも、「ダイレクトマーケティング」と呼ばれるカテゴリーに類する手法について詳細を説明します。

また、その一例として近年、隆盛しているSMS送信サービスについて取り上げます。

【マーケティングコミュニケーションの概要】

●製品/サービスの認知度を上げるために顧客と接触すること

マーケティングコミュニケーションとは、自社製品やサービスなどの商材をより多く販売するための、顧客と双方向でコミュニケーションを取りながら行なう販売促進活動のことを指します。

マーケティング用語で、販売戦略を立てる時に活用する分析手法として「フレームワーク」というものが多数あります。
その中で「4P」「4C」といった手法を耳にされたことはないでしょうか。
4P、4Cは以下の目的で活用されます。

  • 4P:製品(販売者)の視点から価格や質、販売場所、宣伝について分析する手法
  • 4C:顧客視点から商材の利便性、価値、コスト、コミュニケーションを評価する手法

上記2つのマーケティング手法は、製品側と顧客側、それぞれの視点に立って商材をより多く売るために、マーケティング分析した結果について掘り下げるものです。

双方がコミュニケーションを取る(企業から発信し、ユーザーの反応を受け取り、その声に応える)ことが最高のマーケティング手段であり、企業の業績に貢献する、という視点からマーケティングコミュニケーションは注目されています。

●マーケティングコミュニケーション手法例

具体的な手法を紹介していきましょう。

・広告

広告には、テレビCMや新聞広告、電車の中吊り広告、モニターで映される映像など様々なものがあります。
近年では、WEB広告が隆盛を見せています。
目的は商材への購買意欲をかき立てるため発信することであり、ストレートに商材の魅力を伝える手段と言えます。
今回のテーマであるマーケティングコミュニケーションの中ではクラシックな手法になります。

・PR/広報

自己PRと言う言葉があるように、伝えたいことを発信する手法です。
企業のPR活動としては業界誌、ビジネス雑誌、新聞、テレビ等に、自社の取り組みを公式な発信として知らせるアクションです。
商業的、というよりは企業のスタンスや先進性を客観的に伝える意図が強いものです

・展示会開催

伝統的なマーケティングコミュニケーションの王道です。
従来はユーザーと直接ふれあい、感想や要望を直接聞き出せる場は、展示会やセミナーなどの1対多の形式で行われることがほとんどでした。
展示会と少し形は異なりますが、イベントとして、販売促進をメインにユーザーを喜ばせる仕掛けを用意して、双方向コミュニケーションを行なうことも良くあります。
たとえば、店頭即売会や期間限定の特典付きセール、お得意様限定招待イベントなどが該当します。

・営業部門からのアプローチ

いわゆる営業パーソンによる対面コミュニケーションを指します。
高度経済成長期は営業マンが前面に立ち、自社商材の販売を仕切ってきました。
コロナ禍やDXの発展により削減されたとはいえ、まだまだマーケティングコミュニケーションの中でも重要な手段として活動しています。

・ダイレクトマーケティング

メールやチャットなどを駆使することで、対面せずとも有益なユーザーのニーズを直接収集できる手法となりました。
従来はプッシュ型がほとんどで、企業側から売り込むスタイルがほとんど。
しかし、ダイレクトマーケティングの媒体にインターネットを活用することで、顧客が自分から自社Eコマースサイトにアクセスして受注する、という形を実現できたのです。

【マーケティング市場の種類と変遷】

●マーケティング市場の種類について

・マスマーケティング市場

ネットが普及する前に行なわれていたマーケティングコミュニケーションを「マスマーケティング」と言います。
マーケティング対象を細かく分けず、ひとつの大きな集団として、一括で同じ手法でマーケティングコミュニケーションを行なうことになります。

日本で言えば高度経済成長期あたり、たとえば紅白歌合戦の視聴率が70%を越えていた時代などは、まさに日本国をひとつの集団と見てマーケティングを行なうことがもっとも効率良く、最大の効果を得られたのです。

・ニッチマーケティング市場

「ニッチマーケティング」とは、上記のマスマーケティングの間にある「すき間」を市場として狙うことを指します。
大半はマスマーケティングによって市場として獲得されている中で、違う商材をもとめている一部ユーザーに着目してマーケティングコミュニケーションを行ないます。

「すき間市場」というだけあって、うまくニーズをつかめば競争相手の参入は少なく、価格競争などにもさらされない高利少売でビジネスを行なえるメリットがあります。

・スモールマスマーケティング市場

ニッチマーケティングと同様、それほど規模の大きな市場ではありません。
インターネットの発達による情報化が進んだ現在、マスマーケティング市場自体の収縮が起こっています。

また、現代のユーザーは十分すぎるほどの情報量を持つことで価値観が多様化しています。
そのため、マスマーケティング市場が縮小して複数の小さい市場に分散したのです。

これによってニッチマーケティング市場だけでなく、スモールマスマーケティング市場が生まれました。
その結果、スモールマスマーケティング市場に適応する手段としてダイレクトマーケティングが注目され、実際に様々な手段が考案・実行されているのです。

【各マーケティング市場に適したマーケティング手法】

●マスマーケティングに適した手法

・広告、PR/広報、展示会開催

大量生産大量消費、経済の成長期で成熟手前にある市場に関しては、テレビ広告や大規模な展示会などによる販売者側からの発信が有効となります。
マーケティングコミュニケーションとしては「コミュニケーションより発信重視」という傾向にあります。

●ニッチマーケティングに適した手法

・ダイレクトマーケティング、広告、対面営業

「すき間市場」というくらいですから、特殊ではありながら一定数以上のユーザー層が求める4Cをクリアできる商材とコミュニケーションが必要とされます。

そのため、双方向コミュニケーションができるダイレクトマーケティングが有効です。
さらに後押しする手法としては、ネット広告によるアプローチとWEBサイトへの誘導対面コンサルティングや商談による、顧客ニーズを汲み取るアクションが有効と言えます。

●スモールマスマーケティングに適した手法

・ダイレクトマーケティング、広告、対面営業

前掲の通りニッチマーケティングと成り立ちが異なるスモールマスマーケティング市場ですが、多品種少量生産が求められる時代であることは同じです。

多様な価値観をユーザー側から吸い上げてマーケティングを行なうことの重要性は変わらないので、ネットやメール、チャット、SNSなどを駆使したダイレクトマーケティングが成功のカギを握ることは間違いありません。

【業績向上のカギを握るダイレクトマーケティング】

時代と共にユーザーニーズの形が変わり、マーケティング市場も変化していることを説明しました。
その変化によって、効果的なマーケティング手法も進化しています。

ニッチマーケティングやスモールマスマーケティング市場ではダイレクトマーケティングが有効になることを説明しましたが、具体的には、

  • SNSを活用した発信と双方向コミュニケーション
  • メルマガによるマス的だが詳細を伝える発信と双方向コミュニケーション
  • SMS送信サービスを活用した双方向コミュニケーション

などが存在します。
その中でも近年、企業側の立場として使いやすいと言われているのがSMSを使ったマーケティングコミュニケーションを行なうツール
SMS送信サービスと呼ばれるものです。

セキュリティ面や、SNSによる炎上トラブルの起きにくさなどに安定感のあるサービスであること、使い勝手の良さが高評価を得ています。
具体的にどのようなメリットがあるのか、次の章で見てみましょう。

【SMS送信サービスを活用するメリット】

●電話番号だけで発信できる

SMS(ショートメッセージ)を使ってダイレクトマーケティングを行ないます。
つまり、電話番号さえ分かっていれば送信可能です。
顧客になる前の見込み顧客層の個人情報は不完全な場合が多いので、電話番号だけでコミュニケーションできる点は有利です。

●メッセージ到達率が他のマーケティングツールより圧倒的に高い

SMSはユーザーのスマホかガラケーで直接、受信します。
PCのメールアドレスやSNSと異なり、「受信したことに気づかない」ということが少ないのです。
初期設定で受信通知されるようになっていることが多い点も有利であると言われています。

●引っ越しやメールアドレス変更による宛先不明の影響を受けにくい

電話番号さえ分かっていれば送信できるため、住所変更やメールアドレスを変更した場合でもしっかりとスマホにSMSが届きます。

●発信費用がDM(ダイレクトメール)よりお得

SMSは、受信にかかる費用が無料。
発信する企業側も1通数円で発信可能です。
DM(ダイレクトメール)に比べると大幅なコストダウンが実現できます。

中でも、コストパフォーマンスが高く、メッセージ到達率99%の高さを誇る「絶対リーチ!SMS」は、導入実績4,000社を誇る代表的なSMS送信サービス。
ぜひご覧ください。

https://aicross.co.jp/zettai-reach/
AI CROSS社ホームページ

【SMS送信サービスのデメリット】

●文字数制限がある

標準的な送信文字数は70文字です。
自社商材に関して伝えたい情報は、まずWEBサイトへの誘導を行なうことがベター。
WEBサイトへの移行後に詳しい情報を提供する流れでコミュニケーションする必要があります。

●安価だが発信費用が1通数円~かかる

メリットの章でも書きましたが、発信時1通数円のコストがかかります。
DM(ダイレクトメール)と比べれば費用は圧倒的に安価ですが、Eメールと比較するならコストでは負けます。
しかし、それ以上に到達率やSMSの開封率など優位点が多数あります。

【多様なニーズが混在する中で躍進するSMS送信サービスをダイレクトマーケティングに活用しよう】

ここまで、マーケティングコミュニケーションについて説明してきました。
マーケティング手法は時代と共に変遷し、マスマーケティング主流だったのがニッチマーケティングやスモールマスマーケティング市場が大きな割合を占める時代に。
マーケティング手法もダイレクトマーケティングが注目されており、その中でもメッセージ到達率が高く、安価に採用できるSMS送信サービスが近年注目を集めています。

現在、ダイレクトマーケティングに活用される発信手段はさまざまありますが、利用者の口コミで好評を得ているSMS送信サービスをまだ導入していなければ、検討してみてはいかがでしょうか。

絶対リーチ