1. HOME
  2. SMS基礎用語集
  3. SMS(ショートメッセージサービス)はAndroid(アンドロイド)でも使える! 電話番号を用いたショートメールの活用法

SMS(ショートメッセージサービス)はAndroid(アンドロイド)でも使える! 電話番号を用いたショートメールの活用法

スマートフォンの代表的なOSであるAndroid(アンドロイド)。
AndroidでSMS(ショートメッセージサービス)を使えるかという点は、多くの方が気になるポイントではないでしょうか。
ショートメールはSMSとどう違うか、電話番号でSMSを送ることが可能かという点も、気になるポイントに挙げられるでしょう。

この記事では、ビジネスで使う場面も想定し、AndroidでSMSを使う方法と活用法を考えます。
SMSを使いたい方、業務にSMSを活かしたい方はぜひお読みください。

【SMSはAndroidにも対応! 主な特徴をご紹介】

SMS(ショートメッセージサービス)は、Android(アンドロイド)でも使える通信手段です。
ここでは5つの観点から、特徴を確認していきましょう。

●電話番号で送受信でき、読まれやすい連絡手段

SMSでやり取りする文章は、電話番号で送受信できることが特徴です。
相手のメールアドレスやSNSのアカウントがわからなくても、電話番号さえ知っていればメッセージを送信できます。

電子メール(Eメール)のように、長くて複雑なメールアドレスを教えてもらう必要はありません。
また、宛先の文字数が少ないため、スペルミスによる誤送信のリスクも減らせます。

加えて、SMSは確実に届き、読まれやすい連絡手段である点もメリットに挙げられます。
SMSの特徴については、「SMSの送り方とは? ~ビジネス利用での進化が注目されるSMS送信を紹介~」の記事もあわせてご参照ください。

●SMS対応のモバイル回線なら共通して使える

SMSは、モバイル通信に共通したサービスです。
機器と契約がSMSに対応していれば、他のモバイル端末に送信できることは大きなメリット。
メリットを3つに分けて、確認していきましょう。

 ・Android・iPhoneともに使える

SMSは、Android・iPhoneに共通して使えるモバイル回線の標準サービスです。
相手の端末がどちらなのか、送信する前にいちいち気にする必要はありません。
とにかく電話番号を宛先に入力すればメッセージを送信でき、必要事項を伝えることが可能です。
Androidだけ、iPhoneだけに対応したアプリが少なくないなか、この点は大きなメリットとなります。

 ・キャリアを問わず使える

SMSはキャリアを問わず使えるサービスであることも、特徴に挙げられます。
NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルはもちろん、これらのサブブランドや格安スマホ(MVNO)でも利用可能。
相手がどこの携帯電話会社と契約しているかを気にすることなく、メッセージを送信できることも魅力です。

 ・スマートフォンでも携帯でも使える

SMSはスマートフォンだけでなく、従来型の携帯電話(ガラケー、フィーチャーフォン)でも使えます。
また、相手の契約が以下のどちらかであれば、SMSを送信できます。

  • 音声通話が可能な契約(音声SIM)
  • SMSありのデータ通信契約(SMS付きのデータSIM)

従来型の携帯電話なら音声通話可能な契約が主体と考えられるため、SMSも送信できるケースは多いでしょう。
相手がスマホでなくてもアプリを使わずにメッセージが送れる点は、LINEなどのアプリにはない、SMSならではの強みです。

●SMSはモバイル端末に届く

送信したSMSは、相手のモバイル端末に届きます。
受信すると端末にメッセージが表示されるため、見逃されにくいことが特徴です。
実際に「絶対リーチ!SMS」で送信されたSMSの到達率は、99.9%以上となっています。

Eメールでは以下のような理由から読まれないリスクがありますが、SMSなら安心です。

  • 自動で「迷惑メール」フォルダに格納され、そのまま読まれずに削除されてしまう
  • メールが日々、大量に届くため、読む時間が取れない。また、他のメールに埋もれがち
  • 送信先が毎日メールチェックを行なうアカウントばかりとは限らない。久しぶりにメールを確認したら、期限が過ぎていたという可能性もある

ビジネスで使う場合、SMSは確実に届き、チャンスを逃さずに売上へつなげられる伝達方法として有効です。

●「ショートメール」とも呼ばれる

SMSは過去にNTTドコモにおいて、「ショートメール」とも呼ばれていました。
またauでは、「Cメール」という名称も使われています。
名称が異なっても、SMSの特徴やメリットは変わりません。

●送信は1通ごとに費用がかかる

SMSは1通送るごとに、3円から33円(消費税込み)の費用がかかります。
送信費用は月ごとにまとめて、後日、契約している携帯電話会社から請求されます。
大量または長文のSMSを送ると、送信した文字数に応じて費用もかさむことに注意しましょう。

特に、70文字の場合は3円で済む一方、71文字では6円と、料金が倍になります。
送信前には内容だけでなく文字数のチェックも行ない、無駄な支出を避けることが重要です。

【AndroidでSMSを使う方法】

Androidでは、SMSを簡単に使えます。
ここでは3つのステップに分けて、詳しく解説していきましょう。

●標準機能に搭載。アプリのインストールや登録手続きは不要

Android端末の場合、SMSは機器の標準機能として搭載されています。
また、料金は通話料や通信料とあわせて、契約した携帯電話会社から請求されます。

このため、使い始める前に以下のような手続きはいりません。

  • Googleアカウントの作成と端末への登録
  • アプリのダウンロードとインストール
  • ユーザー登録などの手続き
  • クレジットカード番号の登録

携帯電話会社で初期設定を済ませた場合は、手続きが終わった時点ですぐ使えます。
また、SIMと電話機本体を別々に購入した場合でも、端末の初期設定が終わればすぐに使い始めることができます。

●相手の電話番号を入力する

SMSで宛先を指定する方法は、いたって簡単です。
メール機能のメニューにある「SMS」の項目を選びましょう。
あとは指示に従って操作を進め、相手の電話番号を入力すれば宛先を指定できます。

また、宛先は電話帳から選ぶことも可能です。
この場合は番号の入力ミスも防げるため、より安心して使えます。

●メッセージ本文を入力する

SMSには、タイトルの入力欄がありません。
宛先を指定したら、メッセージ本文の入力を進めましょう。
冒頭に送信者名を記入すると、相手に読まれやすくなります。

上限は全角で670字、半角で1,530字となっていることに注意してください。
文字数が増えると料金も増すため、簡潔な表現を心がけることが重要です。

【AndroidのSMSはビジネスにおすすめか?】

Androidで使えるSMSは便利ですが、ビジネスにおすすめかという点については、ケースバイケースです。
ここでは向いているケース、不向きなケースを1つずつ取り上げ、SMSの特徴と限界を考えます。

●チーム内の連絡には向いている

SMSは、迅速・確実にメッセージを届けられることがメリットに挙げられます。
このメリットを活かし、チーム内の連絡手段に活用することはよい方法です。

日々、多くのメールを受け取る方でも他のメールに埋もれる心配なく、必要な連絡をすばやく受け取れます。
適切な判断を迅速に行なえ、ビジネスチャンスも逃さずに済みます。
SMSは、ビジネスのスピードアップに役立つコミュニケーション手段といえるでしょう。

●顧客宛ての一斉配信には不向き

AndroidのSMSは個別の連絡に向く手段である一方、一斉配信に不向きな点はデメリットに挙げられます。
それは、1日あたり200通未満という送信制限があるため。
しかも、本文が70字を超えた場合は、文字数に応じて2~10通分としてカウントされる可能性があります。

その結果、1日に送信できるメッセージ数が20~100通に減りかねません。
これは大きなデメリットであり、「集客手段には使えない」と考える方も多いのではないでしょうか。

このような理由から、多くの顧客に対するメールをAndroidのSMSで送ることはおすすめできません。
代わりに送信制限を受けない、SMS一斉配信サービスの利用がおすすめです。

【SMSの一斉配信は「絶対リーチ!SMS」をおすすめ】

もし、顧客に対して一斉配信メールを送りたい場合は、「絶対リーチ!SMS」の活用をおすすめします。
集客やプロモーションの手段として「絶対リーチ!SMS」を選ぶ3つのメリットを、詳しく確認していきましょう。

●送信数の上限がない

「絶対リーチ!SMS」は、パソコンを操作して送信するSMS一斉配信サービスです。
このため、AndroidのSMSにありがちな送信数の制限は受けません。
多くの顧客に対して通知が必要な場合でも、必要な情報を迅速に、かつスムーズに提供できます。

「絶対リーチ!SMS」なら、タイミングを逃しません。
有効な集客手段となり、業績アップにも貢献します。
また、迅速な情報提供により、貴社の信頼度を上げることも可能です。

●同じ情報を何度も繰り返し入力しなくて済む

「絶対リーチ!SMS」なら一度の操作で全員の宛先を指定でき、必要な方にもれなく情報を届けることができます。
同じ情報を何度も繰り返し入力せずに済むため、退屈かつ苦痛な作業から解放されることは大きなメリット。

もちろん、送信作業の時短にもつながります。
余った時間を以下の作業に振り向ければ、より良い情報提供と業務改善に役立てることが可能です。

  • 送信内容のチェック
  • 提供する情報の取捨選択
  • 表現のブラッシュアップ

繰り返し作業を省けることは労働環境の改善だけでなく、業績アップにも寄与します。

●入力ミスを防げる

「絶対リーチ!SMS」は一度の操作で全員への送信を完了できます。
このため、以下に挙げる、繰り返し作業で起こりがちなミスを防げます。

  • 急いで送信したために宛先を間違えてしまい、関係ない方にメッセージを送ってしまう
  • 同じ方に2回メッセージを送信してしまった
  • メッセージを送信し忘れたため、集客につながらない。またはクレームとなる
  • 途中までしか記載されていない文章を送信してしまった

AndroidのSMSでは1人ずつ「宛先の指定→文章の貼り付け」といった操作をする方も多いのではないでしょうか。
この方法では操作数が多くなるため、どうしても上記に挙げたミスが起こりがちです。

一斉配信サービスを活用すれば、繰り返し作業のミスを防げます。
「絶対リーチ!SMS」の活用は操作の手間を減らすだけでなく、ミスの防止にも役立ちます。

【AndroidのSMSは少人数での活用に優れたツール】

Androidの端末でも、SMSは十分に活用できます。
機種や契約先のキャリアを気にせず使えることは大きなメリットですが、1日当たりの送信数が200通未満であることに注意しなければなりません。
職場のコミュニケーションなど、少人数での活用ならば優れたツールといえるでしょう。

一方で、AndroidのSMSは多人数でのやり取りや一斉送信には不向きです。
この場合は、SMS一斉配信サービスを活用しましょう。
「絶対リーチ!SMS」は99.9%の到達率であり、セキュリティも万全なためおすすめのサービスです。
一斉送信などに活用したい場合は、ぜひご検討ください。

絶対リーチ