アイレクススポーツライフ株式会社

目標数に対して120%の達成。新たな販促施策として絶対リーチ!SMSを導入

  • 確実に届けたい
CASE STUDY

愛知県内に25店舗の直営店を展開し、お客様と地域に新しい価値を提供しているフィットネスプロデュースカンパニーのアイレクススポーツライフ株式会社。同社のアイレクススポーツクラブ田原+24にて、会員数拡大のために「絶対リーチ!SMS – 1way」をご活用いただいております。

企業名:
アイレクススポーツライフ株式会社
業種:
スポーツクラブ運営

POINT

課題
・毎月一定数再入会していただけるお客様がいる一方で、再入会を促す効果的なアプローチができていなかった
・過去登録いただいたお客様の中にはメールアドレスの取得ができていない方も多くアプローチ手段が限られていた
解決策
・SMS‐1wayを導入し、登録している電話番号へ再入会を促すキャンペーンのご案内を送信
効果
・配信から20日以内で再入会者の目標数を達成。DM送付に比べても高い反応率を実現

スポーツクラブ・フィットネスを通じて幅広い年代に対する健康づくりをサポート

まず初めにアイレクススポーツライフ様の事業内容と目標について教えてください

佐々木様
弊社はハクヨグループに属しており、アイレクススポーツライフは主にスポーツクラブの運営と公共運動施設の受託管理の2点をメインで行っております。
特徴としましては、地域密着型であることを大切にしており、愛知県内の中でもエリアごとの特色に合った業態を直営で展開しているところにあります。

その中で、私はフィットネス事業本部 第1営業部に所属しており、アイレクススポーツクラブ田原+24の支配人として店舗の運営を行っております。
店舗運営に関わる業務やトレーナーとしてお客様のトレーニングのサポートも行います。
スポーツクラブ、フィットネスを通じてより健康で快適な生活の提案と実践を行い、地域のまちづくりと人間社会の発展に寄与することを目的としています。
アイレクススポーツクラブを通して、心身ともに豊かになっていただき人生が良くなったと実感していただくことが使命だと考えております。

先進的な取り組みを行ってきた中で浮き彫りになった課題

事業を通して課題に感じられていたことはありましたでしょうか?

佐々木様
田原市内で生活されている皆様に、まだまだスポーツクラブの価値や魅力が伝わり切っていないと感じております。
なんとなくスポーツクラブは知っているけれど通ったことはない、といった方たちに対して、どのようにすれば来館して貰えるのかがボトルネックだと感じております。

そのような課題に対して、今まではどのようにして解決してこられたのでしょうか?

佐々木様
今まではお得なキャンペーンのご案内やお客様からのご紹介といった一般的な入会販促を行うことでフィットネス人口の拡大に貢献してまいりました。
現在はアナログとデジタルをミックスさせていこうという動きになっている段階です。アナログであればチラシは勿論のこと、近隣の事業所に直接営業へ行ったりもします。
デジタルの面でいえば、リスティング広告やターゲティング広告といったWeb広告は数年前から力を入れている状況です。

これまでの施策で、効果があった施策と効果が無かった施策はありましたでしょうか?

佐々木様
大きく差はないと考えております。例えばチラシであれば特定の年代は全く見ないということがあるかもしれません。一方で幅広くターゲットとしている中では一定数チラシを見る方もいますし、どれも必要な施策だと認識しております。

様々な施策を行ってきたかと思いますが、絶対リーチ!SMSをデジタル施策の中で活用しようしたきっかけはありますでしょうか?

佐々木様
当クラブでは過去に退会したお客様に再入会していただけるケースが毎月一定数ある一方で、その方々への効果的なアプローチができていないと感じたことがきっかけです。
メールアドレスを取得していればメールを送るということができたのですが、当クラブは20年程前より運営しており、当初のお客様の中にはメールアドレスの登録がないお客様もいらっしゃいます。
その中で、どのようにしてアプローチができるか考えた際に、電話番号が活用できるのではないかと考えたことがきっかけです。

実際に活用されて効果はいかがでしたでしょうか?他の施策と比べても効果が実感できましたか?

佐々木様
当初期待していた効果よりも高い成果を出すことができました。同年代の方々に直接DMを送付した時に比べても反応率が非常によく、利用してよかったと思っております。

ご満足いただけたこと非常にうれしく思います。ちなみに実際に導入されるまでに課題を感じた点はありましたか?

佐々木様
私たちのブランドイメージとして「非日常」「高級感」がある中で、SMSがブランドイメージに合うかという懸念はありました。

ブランドイメージ毀損のご懸念はどのように払しょくされたのでしょうか?

佐々木様
試験運用として当クラブで利用させていただいた際に期待する以上の効果が出たということと、SMSを送信したことでブランドイメージの毀損には繋がらなかったということが分かりました。
実際にブランドイメージの毀損に繋がらないことが証明できましたし、他のクラブでも導入する価値はあるのではないか、ということで他店舗でも展開させていただくことに繋がりました。

ありがとうございます。今後展望として、導入する業態や店舗を増やしていくお考えや意欲はありますか?

佐々木様
今回導入してみて私としては効果を実感できておりますし、この5月から他店舗で利用させていただいた中で同じように効果があった店舗がありました。より効果が出て、より効果的な活用方法を確立できれば社内でも更なる展開を行っていると考えています。

今は再入会を促す配信方法が主かと思いますが、実際にご利用されてみて他に使い道はありそうでしょうか?

佐々木様
いくつかあります。当クラブではパーソナルトレーニングやカウンセリングの予約を事前に承っておりますが、当日の予約を忘れてしまうケースが一定数ございます。その際に事前のリマインドをする使い方が良いかと思います。
また、当クラブは月会費制で運営しておりますが、会費は銀行口座より引き落としで頂戴しております。引き落としができないお客様への督促にも活用できそうだと感じております。

再入会のご案内以外にも使い道はありそうだと実感いただいているのですね。最後に、AICROSSへのご期待やご要望がございましたら是非お聞かせください。

佐々木様
今活用させていただいている中では困っていることはありません。
スムーズに活用できておりますため、この点に関してはありがたく思っております。

CASE

この記事と類似の事例をみる

CONTACT

プランの詳細やトライアルに関してなど、
お気軽にお問い合わせください