1. HOME
  2. SMS基礎用語集
  3. 【RCSとは?】ビジネスにも向いたメッセージ規格RCSのメリットや詳細を解説

【RCSとは?】ビジネスにも向いたメッセージ規格RCSのメリットや詳細を解説

「RCSがこれからビジネスで重要になるらしいが本当?」「具体的なメリットや、RCSとは何かをまとめて知りたい…」などと考えていないでしょうか?

RCSはすでに普及しており、実際に目にすれば「RCSとはこれのことか!」と感じる人も多いサービスです。
事実、利用者は2021年の段階で2,500万人を突破しています。
顧客とのやり取りに優れているといわれており、実際に活用して成果を出している企業も多数あります。

そこで今回、RCSの基本や似たサービスとの違いとメリット、ビジネスへの活用事例などをまとめて紹介していきます。

【RCSとはすでに普及している「コミュニケーション規格」】

RCSとは、スマートフォンで使えるコミュニケーションツールで、「+メッセージ」や「楽天Link」といったアプリとして普及しています。
料金はデータ通信のみです。
電話番号に対してメッセージなどを送るため、使用感はパスワードの2段階認証などでよく使うSMS(ショートメッセージサービス)と似ています。

ただし、リッチコミュニケーションサービス(Rich Communication Service)という正式名称からもうかがえるように、SMSよりもコミュニケーション機能が強化されています。
RCSの機能としては、以下が代表的です。

  • メッセージ・チャットのやり取り(1対1、グループ)
  • 音声
  • IP通話
  • ビデオ通話
  • 動画や画像の送受信
  • 位置情報などの共有

日本では今のところ、個人間のメッセージのやり取りや通話の利用がメインです。
しかし、後述の「RCS・SMSをうまく活用している企業3選」で紹介するように、新たなサービスを展開している企業もあります。
日本でも今後は、ネットショッピングや電気料金の決済、交通系電子マネーのチャージなどに応用されていくと考えられています。

なお、RCSは3大キャリアや楽天モバイルで使われているように、一企業のものではなく、世界中で使われている標準規格。
2020年7月の時点で60カ国、90のキャリアで使われています。
日本でも、2023年までに利用者が4,200万人をこえるとの調査報告があり、ある種のインフラのようになると考えられています。

実際、同調査で2020年のユーザー数は1,750万人との予測でしたが、ソフトバンクの2020年の発表では2,000万人2021年の発表では2,500万人を突破
想定よりも早くRCSが拡大しているのがわかります。
背景には、MVNOを含めた多くのスマートフォンに、RCSを利用したアプリが最初からインストールされていることなどがあげられるでしょう。
自社のビジネスにRCSを利用できれば、アプローチできる顧客の数を大きく増やせる状況になりつつあります。

【SMS・MMSなどとの違いとRCSのメリット】

RCSはビジネスでの活用が期待されていますが、スマートフォンを起点として顧客にアプローチできるサービスはこれまでにもありました。
たとえば、SMSやMMS(キャリアメール)などです。

他のサービスと比較することで、RCSの特徴やメリットの理解がはかどり、自社の売上や生産性を向上させる方法の模索につながります。
そこで、以下4つのサービスとRCSを比較しつつ、RCSのメリットを解説していきます。

  • SMS
  • iMessage
  • MMS
  • LINE

●SMSとRCSの違いとメリット

SMSとは、電話番号を宛先にして70~670文字のメッセージを送れるサービスです。
やり取りできる文字数は機種によって異なり、画像などのやり取りはできません。
インターネット経由でメッセージを送れるアプリが登場する以前は、他の携帯電話にメッセージを送れる唯一の手段でした。

単純なメッセージのやり取りは、後述するMMSなどが主流になっていきましたが、今でもパスワードの2段階認証などで活用されています。
携帯電話の回線や機種を問わずにメッセージをほぼ確実に送受信できるためです。

RCSはSMSの後継ともいえるサービス。
SMSと比べてのRCSのメリットは、文字数の多さや送信できるコンテンツの種類だといえます。

確実なメッセージのやり取りができるのはもちろん、画像や動画といった各種ファイルの送受信、決済や写真のプリントと受取り店舗のピックアップなどにも対応可能です。

また、SMSには到達率や開封率がほぼ100%とという特徴がありますが、RCSにもこの特徴は引き継がれています。

ただし、SMSでもURLなどは問題なく送受信でき、フィーチャーフォンはRCSを活用できないことを考えると、使い分けるを考える余地はあるでしょう。
たとえば、60代以上のシニア層にアプローチする場合です。

2021年の調査では、フィーチャーフォンを使用しているシニア層は11.4%と報告されています。
スマートフォンへの乗り換え意思も半分を下回っています。
メッセージをきちんと読めないのは顧客満足度を下げるため、シニア層にRCSを活用するのはまだ時期尚早といえる状況です。

このように、ターゲットや費用対効果から、RCSとSMSは使い分けを検討する余地があります。

●iMessageとRCSの違いとメリット

iMessageは、iPhoneやMacといったiOSを搭載したデバイス専用のメッセージ機能です。
写真や動画、音声などの送受信に対応しており、文字数の制限はありません。

iOSでしか利用できませんが、Androidへのメッセージは自動的に、SMSか後述するMMS(キャリアメール)に切り替えられます。
また、LINEスタンプのような機能もあるため、感覚的にはLINEに近いといえるでしょう。

iMessageと比較したときのRCSのメリットは、開封率や到達率の高さだといえます。
先述のとおり、iMessageはiOS端末以外だとメールアドレスが宛先になる場合があり、また、実はiOS端末同士でもメールアドレスが宛先になる場合もあります。
メルマガのデータではありますが、メールの開封率は15~25%が目安のため、iMessageをビジネスに利用するのは無駄なリスクを抱えることになるといえるでしょう。

なお、設定でMMSでの送信を禁止して電話番号のみを宛先にすることは可能ですが、つまるところ送信先の電話番号を知っていなければいけません。
何らかの手段でメッセージを送れるというiMessageのメリットがなくなってしまいます。

●MMSとRCSの違いとメリット

MMSとは、いわゆるキャリアメールのことです。
今では他のアプリなどに代替されていますが、SMSより安価にやり取りできるため、主流といえるサービスでした。
現在はLINEなどのより利便性の高いサービス普及から、使用される機会は少ないのが実情です。

MMSと比較したときのRCSのメリットは、開封率や到達率の高さだといえます。
費用や機能がおおむね同じながら、100%顧客に読まれるというメリットをRCSだけが得られるのは見逃せません。

なお、契約している携帯会社を変えてもメールアドレスを持ち運べるサービスも展開されていますが、有料です。
現状でほぼ使われていないサービスであるため、これから使用率が急激に上がることはないでしょう。

●LINEとRCSの違いとメリット

LINEはインターネット経由でメッセージや画像などをやり取りできるサービスです。
MMSと違って、多人数との気軽なやり取りなどに長けていたため、連絡手段として普及しました。

実際、2020年9月の公式調査によると、国内の月間利用者数は8,900万人以上とのことです。
また、LINE Pay加盟店向けサービスを使えばLINEで接客から決済まで可能になるため、RCSと共通点も多くあります。

LINEと比較したときのRCSのメリットは、信頼性の高さやビジネスに向いている点。
LINEはプライベートでカジュアルな使い方をしている人が多く、「大事な連絡やビジネスにはちょっと…」という感覚の人が少なくないと考えられます。

また、一企業が展開しているサービスであり、信頼性に懸念を持つ人も少なくありません。
実際、決済情報や銀行口座番号などを韓国で保管していたり、そのデータを中国から確認できたりといった事実が2021年3月に発覚し、総務省がLINEを使用した行政サービスを停止しています。

また、多くの企業の顧客・営業リストには電話番号がすでにあるため、RCSならばすぐにアプローチできるメリットもあります。
したがって、ビジネスに活用するならRCSがよりよい手段だといえるでしょう。

【RCSやSMSはビジネスとの相性がよい】

RCSやSMSはビジネスとの相性がよいサービスです。
2019年5月以降に発売されたAndroidスマートフォンにはRCSのアプリである「+メッセージ」が最初から入っており、SMSも使えます。

そして、RCSやSMSでレストランなどの予約をするといった手法がすでに展開されており、今後は決済などにも利用が拡大すると考えられています。
キャンペーンの案内などの集客から営業、問い合わせ対応、利益をあげるところまで一気通貫したビジネスができるわけです。

また、企業は新しくアプリの開発をせずにメッセージを送受信できるため、コストも比較的かかりません。
拡大し続けているユーザー数や高い開封率といった背景からも、RCSを主軸としたビジネス展開が加速すると予想されています。

実際にRCSやSMSをうまく活用している企業が多数あるので、紹介していきましょう。

【RCS・SMSをうまく活用している企業3選】

RCS・SMSをうまく活用している企業として以下の3社があげられます。

  • サブウェイ
  • ホンダドリーム東京
  • ワールド・ファミリー

各企業の活用方法を紹介していきます。

●サブウェイ

世界最大規模のサンドイッチチェーンであるサブウェイは、すでにRCSを使ったサービスを展開しています。
顧客は時間と店舗を指定した上で、チャットなどでAIに対してサンドイッチのデリバリーをオーダー。
決済まで一気通貫しておこなえます。
店舗への行き方を表示したり、電話したりもできます。

●ホンダドリーム東京

ホンダドリーム東京は、SMSを導入して業務効率を大幅に上げた企業です。
販売からアフターフォローまで充実したサービスを展開している同社ですが、車検更新サービスの案内にかかる労力やコストに悩まされていました。

なかなか電話がつながらないことが根本的な原因であったため、ほぼ確実に顧客へ連絡できるSMSを導入し、売上をアップできたとのことです。
本事例についてより詳しくはこちらから確認できます。

●ワールド・ファミリー

ワールド・ファミリーは、幼児向け英語セット教材で圧倒的なシェアを持つ企業で、日本でも12万世帯以上の会員がいます。
しかし、会員数の多さもあって、サービスを継続的に利用していない会員とのコミュニケーションに課題を抱えていました。

そこで、到達率・開封率がほぼ100%であるSMSをプロモーションに活用。
結果としてコストをDMの10分の1に、成果をメルマガの7倍にできました。
本事例についてより詳しく知りたい場合は、こちらから確認できます。

【まとめ:RCSとは何かを理解し自社の成長につなげよう】

SMSはすでにビジネスに活用されており、RCSも今後広く活用されていくと考えられています。
技術やツールとしては新しくても、ビジネスとしてやることは変わりません。
すなわち、顧客に文章などでアプローチし、集客や販売につなげていくことです。
RCSやSMSについての理解さえあれば、自社の成長につなげられることでしょう。

なお、ビジネスに活用する場合は、効率や確実な管理をするために配信サービスが必須です。
成功事例で紹介した企業も使っている定番のサービスとして「絶対リーチ!」があげられるため、ぜひ活用を検討してください。

絶対リーチ