これからの人事は
ヒューマンスキルを
“可視化”する

HYOUMANBOX

あなたの会社、まだ感覚人事、
してませんか?

今日の日本社会では、人事担当者の勘や経験、テクニカルスキルに偏重した主観的人事判断によりミスマッチが発生しています。パーソナリティや企業カルチャーを定量化し、客観的データを人事判断に加えることで感覚人事を脱却します。

人事の課題

  • 本人の
    パーソナリティ
    や適性が考慮さ
    れていない

  • 面接官の好みや
    人事裁量を
    もつ人で合否が
    判断される

  • 勘や経験に
    依存した採用・
    配属となってし
    まっている

  • 定量化や
    分析のリソース
    を割くことが
    できない

  • 似たような人材
    ばかり採用して
    しまう

それを解決するのが
「HYOUMAN BOX」

見えにくい
パーソナリティ定量化に加え、
企業の持続的成長に必要な
ヒューマンスキルを定量化

トライアルのお申し込み・お問い合わせはこちらから

無料トライアルはこちらから

電話でのご相談・お問い合わせ

HYOUMAN BOXが持つ4つの特徴

  • point 1

    見え辛い人間の
    深層部分を定量化

    見えにくいパーソナリティ定量化に加え、企業の持続的成長に必要な
    ヒューマンスキルを定量化します。

  • point 2

    ダッシュボード
    機能で全体定量化

    どういう人材がどういう割合でいるのか?
    自社のカルチャー、部署別のカルチャーがどうなのか?
    可視化が、課題解決のアクションを生みます。

  • point 3

    経年データ表示で
    変化をキャッチ

    アセスメントサーベイを定期受検することで、個人や部署、会社の変化を可視化。変化を正確に把握することで、アクションプランの見直しをかけることができます。

  • point 4

    戦略人事に示唆を
    与える多様な分析

    勘や経験に依存した属人的な人事から脱却し、データドリブンな戦略人事の示唆を難しい操作をすることなく簡単に得ることができます。

トライアルのお申し込み・お問い合わせはこちらから

無料トライアルはこちらから

電話でのご相談・お問い合わせ

顧客事例

  • 採用

    売上達成力の
    弱い部門の強化

    経営戦略に合う
    人材基準をきめる

  • 配属

    新入社員の配属

    適正・相性を考慮する

  • 育成

    1on1での活用

    把握して接する

導入効果

  • 会社の求める人物像と働く人の
    パーソナリティや適正が一致

  • 目指すべきキャリアパスや、定量的
    な目標提示でモチベーションアップ

  • 会社や個人の変化を捉え、
    必要な戦略人事を実行

トライアルのお申し込み・お問い合わせはこちらから

無料トライアルはこちらから

電話でのご相談・お問い合わせ